タイ 海外旅行

【タイ】バンコクだけじゃない!タイのおすすめ離島シミラン諸島への行き方(後編)

2020年3月8日

Pocket

みなさんこんにちは、Nishiです!

前回の記事

【タイ】バンコクだけじゃない!タイのおすすめ離島シミラン諸島への行き方(前編)

ではタイの離島シミラン諸島のおすすめポイントをツアーの流れと一緒に紹介しました。

今回はその後編です、早速みていきましょう!

シミラン諸島ツアー後編(No.7とNo.4の島)

前回の記事ではシミラン諸島の島々には番号で名前が付けられていることを説明しました。

No.8とNo.9の島を周った後は南へ進みNo.7の島であるパユー島、No.4の島であるミアン島へと行きます。

パユー島の周辺でシュノーケル!ウミウチワや亀が見れるよ!

No.9の周辺のポイントでシュノーケルをした後はまたシュノーケルです!笑

疲れそうですが意外とそうでもありません。

僕はこの日は見れませんでしたが、ここのポイントではウミガメも見れることがあるそうです!

シュノーケルの時間はだいたい30分くらいです。

シュノーケル中に海の中から島を少しだけ撮りました。

エメラルドグリーンの水が綺麗です。

泳いでいるとガイドの方が「コニチハ!コニチハ!」と言いながら手を振って僕のことを呼んできます笑

その場所に行ってみると…

いました、ウミウチワです!

タイでのダイビングツアーの宣伝写真なんかでよく使われていて、実際に見たことがなかったので見れてよかったです。

そんな感じでシュノーケルを終えると次はNo.4の島に上陸し、昼食と自由行動です。

ミアン島に上陸&お昼ご飯タイム!

上陸します!

この島もシミラン島に負けることなくめちゃくちゃ綺麗です!

上陸したら木陰のある場所でランチボックスを受け取り昼食です。

シュノーケルも2回し、時間も13時過ぎだったのでちょうどお腹が空いてくる頃

メニューはこんな感じで、伊賀うとボリュームがあります。

左下のチキンですが、辛そうに見えてそんなことありませんでした笑

綺麗な海を見ながら食べるご飯は美味しいですね!

遠足を思い出します!笑

食べ終わった後は1時間少しは自由時間があります。

上陸したビーチのすぐそこにこんな感じのブランコもありました。

欧州ファミリリーが楽しそうに遊んでいて微笑ましかったです。

また、この島には森の中を少し歩いたところにメインとなる広いビーチがあ流ので、そこに行ってみました。

ここがそのビーチ!!

タイはオンシーズンでは雨がほとんど降らないため、せっかく来たのに曇り…

なんてことがないのでいいですよね!

水温も高く海水浴がとても楽しいです。

こちらのビーチ側には救護室もありました。

そしてお土産屋さんも

こうして島で遊んでいると港に帰る時間になりました。

島に別れを告げ帰路につきます。

帰りの時間は行きより少し早く、1時間半もかからなかったです。

港に着いたらティータイム

なんと嬉しいことに港に着いたら、コーヒーやお菓子、アイスを用意してくれるそうです!

行く前の朝食など、サービス精神旺盛ないいツアーでした。

こんな感じでクッキーやチョコレートケーキ、マフィンがあります。

飲み物も朝と同じくレモンジュース、オレンジジュース、ココア、ミネラルウォーター

こんな感じでココナッツアイスもあります。

暑い中シュノーケルなどした後のアイスはほんとありがたい☺️

その後は各自ホテルがある地域ごとの送迎バスに乗ってホテルへ帰ります。

朝から内容の濃い最高のツアーでした!

シミラン諸島のツアーに参加するには

シミラン諸島は国立公園であり、個人での入島が許可されていません。

そのため、現地のツアー会社が開催するツアーに参加する必要があるのですが、日本からはどのように申し込むことができるのか気になりますよね。

現地のツアーに直接申し込むのは、英語も苦手だし何かあった時に自分じゃ対応できないという方が多いと思います。

そのため、インターネットのツアー代理店を経由して申し込む方がほとんどだと思います。

今回はおすすめな旅行ツアーの代理店を紹介します!

それがこちらのVELTRAというサイトです

シミラン諸島のツアーは下記から申し込めます。


 →シミラン諸島ツアー申し込み

こちらのサイトは世界各国の多くの現地ツアーを取り扱っており信頼性が高いです。

シミラン諸島のツアーはだいたい3000バーツ(約11000円少し)ですね。

朝食、昼食、軽食やシュノーケルセットレンタルなど多くの特典がついてこの値段なら僕は安いと思いました!

シミラン諸島に行くにはどこに宿泊していればいい?(シミラン諸島の場所について)

シミラン諸島へはカオラック地区という場所の港から船が出発します。

シミラン諸島の場所はプーケットの北西に位置しており、グーグルマップではこの辺りです

先ほどのVERTLAのツアーもそうですが、基本的には往復の送迎がツアーに組み込まれており、送迎が無料対象になっている場所がカオラック地区、プーケットなどのように港から近めの場所が送迎無料対象の場所となっているのでその周辺に泊まるといいでしょう。

参考までに僕はプーケット空港から徒歩10分未満のホテルに泊まっていました。

シミラン諸島へはどれくらいかかる?(船酔いが心配)

シミラン諸島へは船が出る港から約1時間30分かかります。

そこまで揺れはしないのですが、船の中が狭いこともあってストレスから多少酔いやすくなってしまう方もいるかもしれません。

しかし、送迎車で港に着いた時に酔い止めが無料で用意されているので安心です。

また、参考までにプーケット空港からシミラン諸島へ行く船がある港までは約1時間かかるので極力バスに乗りたくない方はカオラック地区に泊まりましょう。

この辺りが船で出発する場所です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

前回の記事から2つの記事に渡ってシミラン諸島について紹介しました。

この記事をきっかけにシミラン諸島に興味を持ってくれれば嬉しいです。

僕はこの記事を書いている今もタイへ旅行中なのですが、旅行を振り返ってみてこのシミラン諸島のツアーが1番海も綺麗で1日中楽しく過ごせたんじゃないかなと思っています。

日本から近いこともあり、タイへ行こうと考えている方も多いと思います。

その際はバンコクやプーケットだけではなくこのシミラン諸島にもぜひ行ってみてください!

それでは、最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。

よろしければこちらもクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

-タイ, 海外旅行
-, , , , ,

Copyright© 留年大学生Nishi's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.