宮古島 国内旅行

宮古島の八重干瀬(やびじ)ツアーの流れや料金を解説!【シュノーケル】

2020年4月3日

Pocket

みなさんこんにちは、Nishiです。

久しぶりに宮古島の記事を書いていこうかなと思います。

しかも今回は宮古島に来た際に行って欲しいスポットで1位2位を争うくらいおすすめしたい場所についてです。

それは八重干瀬(やびじ)というスポット!!

詳しくみていきましょう。

八重干瀬ってどんな場所?料金は?

ウツボくん
八重干瀬ってなんのこと?
じゃあまずは八重干瀬がどんなところなのかを説明するね!
ウミガメさん

八重干瀬とは沖縄県宮古列島の池間島の北側に広がる日本最大のサンゴ礁群のことで、なんとその範囲は北から南側までは

17km、東から西までは約6.5kmにまで広がっています。

とてもじゃないけど1回の八重干瀬ツアーで全てのポイントを周り切ることは不可能です。

サンゴ礁は池間島から船で1時間弱の場所にありながら割と浅い場所にあるため、ダイビングよりはシュノーケルの方がおすすめと言われています。

行き方は池間島から船で行く場合や宮古島の港から船で行く場合などの方法がありますが、池間島の港から行くのが最も近いです。

※池間島と宮古島は橋でつながっているため宮古島と池間島の区別は距離が違うんだな程度の認識で大丈夫です。

池間島から出発する場合の港はこちらです。

また、八重干瀬のシーズンとしては日差しも強くて水温が高いとされており、冬場は北風が強く船を出せる日が少ないことから、休業してしまうショップも多いです。

夏場の強い日差しはサンゴの綺麗さをより際立たせてくれます。

しかし、冬場でもオープンしているショップもあり、夏と比べて水面近くのプランクトンが少なく海の中の透明度が良いという点や参加者が少ないことからストレスフリーで楽しめるというメリットがあります。

晴れれば夏ほどの日差しまではいかないですが、綺麗なサンゴ礁を見ることができるでしょう。

また、料金はどれくらいで行くことができるのでしょうか。

料金に関しては冬は夏より安くしているショップがあったり、店舗によっても料金が違うのですが基本料金の相場は以下のようなイメージです。

料金

・3時間コース(2ポイント巡り)
7800円〜11000円

・4.5時間コース(3ポイント巡り)
10000円〜12000円

・6〜7時間コース(4〜5ポイント巡り)
12000円〜16000円

店によって、料金が違うのに潜れる回数は同じなんてことも結構あるので、店舗ごとの料金を比較するのは重要です。

僕が申し込んだ例紹介すると、2月に13:30〜17:00までの約3時間のツアーで9000円でした。

しかし、6月〜10月に申し込めるプランで約6時間の3回潜れるツアーで9500円というプランもあったので料金はピンキリです。

八重干瀬シュノーケルツアーの実際の流れ

では次からは実際のシュノーケルツアーの流れをサンゴの写真と一緒にみていきましょう。

港に現地集合→サイズ合わせ→船で出発

まずは池間島の先ほど紹介した港に現地集合します。

僕が行った時はレンタカーでしたが、店舗によっては追加料金を支払えば送迎をしてくれるところもあります。

近くにトイレはありましたが、更衣室はなかったので、事前に水着を着て行くとスムーズです。

13時半前に集合し、個人情報を記入してから美ら海協力金の500円と参加料金の9500円を支払いました。

※美ら海環境金は任意です。

その後にウィットスーツとフィン、マスクのサイズ合わせをし船でポイントまで出発です。

1ヶ所目のポイントまでは約40分くらいでした。

15人乗りくらいの小型船なので、船酔いしそうな方は事前に酔い止めを飲みましょう。

また、泳ぎに自信がない方はライフジャケットを貸してくれますし、深く潜りたい方はライフジャケットの着用は強制されていないので好きな方を選べます。

1ポイント目に到着&シュノーケル

こうして1ポイント目に到着しました。

時間は14時半前くらいで、ここから約30分シュノーケルです。

サンゴとご対面!

こんなにたくさんのサンゴは見たことがなかったので素直に感動しました!

曇っていても十分綺麗なサンゴでしたが、日差しが強い日なんかに行くと光の反射でもっと綺麗に見えるそうです。

紫や黄色やオレンジと、カラフルです。

枝状のサンゴや平たいサンゴまで様々です。

サンゴのあるところにはイソギンチャク、イソギンチャクのあるところには、、、

ニモです!!

サンゴだけではなく小魚もたくさんいて綺麗です。

そしてウミガメもいました!サンゴとウミガメが見れるなんて贅沢です!

こんな感じで30分少し泳いだら次は2ポイント目に移動です。

サンゴに別れを告げて船に乗り込みます。

2ポイント目に到着

次は2ポイント目です。

2ポイント目に着く途中にめちゃくちゃ海の色が綺麗な船の上から眺望できる場所によってくれたのですが、あいにくこの日は曇りだったのであまり綺麗ではありませんでした泣

晴れていれば間違いなく感動してました。

2ポイント目はサンゴはあまりないですが、ドリーが見れるという場所に。

いました、ドリー!

ファインディングニモに出てくるキャラクターにたくさん会えて満足です。

あれ...?何かいる!?

なんとこの日はマンタにも会うことができちゃいました!

かなりラッキーです。

綺麗な小魚もたくさんいます。

この場所でも約30分くらい泳いでから船に戻ります。

2月で曇っていたため、2ポイントで十分でしたが、夏だったら3ポイントくらい周りたいですね!

帰港してからシャワー

こうして港に戻ってからシャワーを浴びて解散しました。

ガイドの方も親切でシャワーも温水でシャンプーやボディーソープもあってよかったです。

今回の八重干瀬ツアーはブルーフォレスト宮古島というショップで申し込みました。

八重干瀬ツアーの紹介はこれで以上となります!

また行きたいと思えるおすすめスポットなので皆さんもぜひ機会があれば行ってみてください!

10000円の価値はありです!

まとめ

今回は宮古島から船で行ける場所にある八重干瀬について紹介しました。

宮古島は近年急激に人気が出てきているので、シーズンだと予約も取りにくいそうです。

予約の際は早めに予約をおすすめします。

>>Booking.comで宮古島のホテルを見てみる
>>楽天トラベルで宮古島のホテルを見てみる
>>エクスペディアで宮古島のホテルを見てみる

また、今回水中撮影で使ったのはオリンパスのTGシリーズという水中カメラで、良心的な価格ながら綺麗に写るので水中カメラに興味がある方はぜひ検討してみてください。


宮古島には八重干瀬以外にも絶景スポットがたくさんあるのでよかったら他の記事も参考にしてみてください!

【インギャーマリンガーデン】子供も大人も、泳ぎも景色も楽しめる!

続きを見る

では、最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます!

-宮古島, 国内旅行

Copyright© 留年大学生Nishi's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.