宮古島 国内旅行

【インギャーマリンガーデン】子供も大人も、泳ぎも景色も楽しめる!

2020年2月29日

Pocket

こんにちは、Nishiです。

今日は宮古島の八重干瀬(やびじ)という日本一のサンゴ礁群がある場所でシュノーケルツアーに参加してきました。

ニモ、ドリー、亀、マンタにも会えてサンゴ以外にも宮古島の海を楽しめた1日でした!

今回の記事ではそんな宮古島の絶景スポットの1つ、インギャーマリンガーデンについて話していきたいと思います。

インギャーマリンガーデンには宮古空港が1番近いので、羽田空港⇆宮古空港で行くのがおすすめです。

インギャーマリンガーデンについて

インギャーマリンガーデンは宮古島にある有名スポットの1つですが、様々な有名なビーチなどがある中、この場所は一味違う変わった場所となっています。

簡単に言えばビーチと小さな山が一体となった海浜公園です。

イムギャーマリンガーデンと表記されることが多いですが、地元の方々はインギャーと呼んでいます。

ちなみに「イム」は宮古島の方言で海、「ギャー」は湧き水というだそうです。

外洋に面した小さな山が波を遮ることで内側にプールのような子供でも安心して泳げるような穏やかなビーチが、人の手を加えることなく自然のみで作り出されています。

このような造りとなっており、山に整備された遊歩道を散歩しながら頂上まで行くこともできます。

駐車場の場所、トイレやシャワーの有無について

次に駐車場の場所についてですが、第一駐車場と第二駐車場の計2つがあります。

こちらが第一駐車場です

場所はこの辺り

そしてこちらが第二駐車場

隣接するDIVE宮古島というショップのすぐ隣にあります。

どちらもそんなにたくさんは車を駐車できないため注意が必要です。

また、トイレについてですがすぐ近くにあるため心配しなくて大丈夫そうです。

シャワーもありますが、有料です。

子供でも安心して泳げる場所

インギャーマリンガーデンの内側は岩に囲まれプールのようになっているので、子供でも安心して泳ぐことができます。

波が非常に穏やかで流される心配もないので、子供や海が怖いというような方向けです。

この写真の奥側にある砂浜の近くが安全です。

インギャー橋の右側に出てしまうと流れが強くなるので注意です。

昔はこの橋は飛び込みスポットで有名だったみたいですが、今は飛び込みが禁止されているので気をつけてください。

子供でも安心といっても湾の中にも足がつかない場所はたくさんあるので、ライフジャケットの着用をするなどして安全に遊びましょう!

インギャーマリンガーデンの絶景が見れる場所

インギャーマリンガーデンと言えば、この展望台からの景色が有名です!

先ほどのインギャー橋を渡ったら上に続く階段があるので、そこを登っていくとたどり着きます。

僕が2019年の9月3日に行った時は展望台の屋根がギリギリついていたのですが、その後の台風で吹き飛ばされてしまったみたいです…

こんな感じになってしまいました。。笑

でもここの展望台を境に左右の海が綺麗に写り込んでいい感じです!

季節や時間帯はいつ頃がベスト?

まず季節についてですが、太陽の高さ的に夏がオススメです、インギャーマリンガーデンの外側の海は遠浅の海が広がり非常に綺麗ですが、冬だと逆光になってしまうため水面が反射しすぎてしまいます。

夏であれば太陽の位置が高いので海が綺麗に写ります。

この写真の景色に限って言えば、時間帯については冬は太陽の位置的に午前中、夏は正午から昼過ぎくらいが日差しが強くてちょうどいいと思います。

こちらの展望台から階段を下った風景は12月に撮ったのですが、だいたい昼2時くらいで太陽が右側にあります。

冬でもここからの景色は綺麗です。

綺麗な珊瑚畑が見れる穴場スポット

実はインギャーマリンガーデンには湾の中の遊泳場所と展望台の景色以外のも穴場的なスポットがあります。

橋の下より先のインリーフを100mくらい泳ぐので中級者向けかもしれませんが、手つかずの自然が残っておりとても綺麗です。

エントリーできる場所はというと、

こちらの丸で囲った場所からが入りやすいです。

そして矢印の方まで泳いでいくと

こんなに珊瑚が広がっています!

紫色の珊瑚があって綺麗です^ ^

そこまで流されはしないですが、白波の向こう側に行ってしまうと一気に深くなるので注意してください。

また、アラマンダ インギャーコーラルビレッジ側の岩場から行っても透明度が高く綺麗なので、興味ある方はぜひ

こんな感じでデバスズメダイなどの小魚がたくさんいて可愛いです

エントリー場所はだいたいこの辺ですね

まとめ

今回は宮古島のインギャーマリンガーデンについて紹介しました。

宮古島は最近観光地としてどんどん有名になってきているので、駐車場などが混みすぎて止められない、というようなことになる前に行ける機会があるときに行っておきましょう!

>>Booking.comで宮古島のホテルを見てみる
>>楽天トラベルで宮古島のホテルを見てみる
>>エクスペディアで宮古島のホテルを見てみる

宮古島にはリゾートバイトで約3ヶ月間寮に住み込み、休日にはいろんな場所へ出かけたので他にも宮古島について書いていきたいと思います。

宮古島のあるポイントでは高確率で亀が見れたりもします!

関連記事
【宮古島】亀と遭遇率100%!星も綺麗なわいわいビーチ

続きを見る

最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。

よかったらこちらのボタンもクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

  




-宮古島, 国内旅行

Copyright© 留年大学生Nishi's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.