海外旅行 ギリシャ

【ギリシャ】大自然を満喫できる、ケファロニア島バスツアー

2020年3月2日

Pocket

こんにちは、Nishiです。

宮古島から千葉に帰ってきて関東の寒さでダウンしそうですが、明日からまた南国に行くので頑張ります。

明日行く場所についての記事もいつか書こうと思います。

今回はケファロニア島というギリシャの離島についての記事です。

僕はこの場所にツアーで行ったのでツアーの流れや料金について紹介していきながら話していこうと思います。

この島はまだギリシャの離島の中でもマイナーですが、マイナスイオンを体全体で感じられるような自然あふれる素敵な島です。

ではまず、ケファロニア島について見ていきましょう。

ケファロニア島ってどんなところ?

ケファロニア島はギリシャの本当の西側にあるイオニア海の島々で1番大きな島です。

海に面した岩肌も特徴的な色をしていて面白いです。

山が連なる島で、平地は島全体の15%しかありません。

ギリシャの離島というとハネムーンで有名なサントリーニ島やミコノス島が有名だと思いますが、それらの島とはギリシャ本当を境に逆側の海に位置しているため、雰囲気が全く違います。

この島で有名な場所に『メリッサーに洞窟』という場所があります。

こちらの地底湖のことなのですが、水が綺麗で天井からの光が差し込む様子はとても神秘的でした。

ケファロニア島にはどうやって行くの?

ケファロニア島にギリシャの本島から行く方法は飛行機とフェリーがあります。

飛行機については、アテネとテッサロニキから出ています。

トリップドットコムというサイトで調べたところ所要時間はだいたい1時間くらいですね。

こちらのサイトは海外航空券に強い代理店サイトなので、海外旅行の際に現地で飛行機を予約する際は利用してみて下さい。

フェリーについては西ペロポネソス半島の港町にあるキリーニという場所から出ています。

アテネからは少々離れているので、この周辺に宿泊している方向けですね。

所要時間は1時間30分くらいです。

また、僕は特殊な行き方をしたのですが、ザキントス島というケファロニア島の南に位置する離島からもフェリーが出ているのでザキントス島に宿泊の際はそちらから行く方法などもあります。

その場合は船で2時間半くらいかかりますので、船酔いなどが心配な方はやはり飛行機がおすすめです。

ケファロニア島フルデイツアーについて

ではここから僕が申し込んだケファロニア島ツアーについて書いていきます。

日本語の代理店サイトからもケファロニア島のツアーを多く探せることができますが、僕は事前にネットで申し込んでいたツアーが2日前にキャンセルになってしまったので、現地で申し込みました。

概要はこんな感じでツアー自体はどこで申し込んでも似たような内容になってました。

ドロガラティ鍾乳洞→メリッサーに洞窟→ミルトスビーチ→アルゴストリ(海沿いにある街)

といった具合です。

拘束時間については、だいたい8時ごろにザキントス島の港に集合し、船で出発、ザキントス島の港に帰ってきたのが19時半ごろだったのでかなりボリューミーな内容となってます。

ツアーの料金は?申し込む場所は?

まず現地のどこで申し込んだかというと、この日はザキントス島という別の離島に宿泊していたので、宿から近くの港からフェリーでケファロニア島に行くツアーを申し込みました。

場所はこちらのソロモス広場の近くにある案内所のような建物で申し込みました。

先ほどのツアーの内容が書いてある看板が置いてあり、道路がいくつか交差している場所の真ん中にあるため割とすぐわかります。

ここ以外にもザキントスタウンにはツアーショップがたくさんあるので、時間に余裕がある人は現地で申し込むのもいいかもしれません。

料金については、メリッサーニ洞窟とドロガラティ鍾乳洞、ランチ代が含まれていない、フェリー往復代とケファロニア島に着いてからのバス代のチケットが30ユーロ(約3600円)でした。
※2019年10月当時のレートおよび情報です。

また、メリッサーニ洞窟とドロガラティ鍾乳洞の入場チケットは別途でかかり、ケファロニア島を移動するのバスの中で購入しました。

それぞれ7ユーロ(約850円)だったのでチケットは合計14ユーロ(約1700円)です。

そのため、フェリー代と併せて合計5300円くらい。

5300円で終日ツアーに参加できると考えれば安いですね。

ケファロニア島フルデイツアーの流れ

フェリーで出発し、島に着いたらバスに乗り込む

こちらは帰る時の港から船を撮影した様子ですが、外観や大きさはこんな感じです。

中はこんな感じで特に混雑もしていなかったです。

そして船に揺られること2時間半…

なかなか長時間船に乗っていたので疲れました^^;

ケファロニア島の港に着いたらバスが3台くらい止まっていました。

全部船に乗っていた人用のバスだったようで好きなバスに乗れました。

その後は近くの教会に行き、20分くらいの自由時間がありました

ヨーロッパの国にはやっぱり教会が多いです

ドロガラティ鍾乳洞でマイナスイオンを感じる

バスでだいたい30分くらい乗ったら最初の目的地のドロガラティ鍾乳洞に到着です。

この鍾乳洞は音響効果が優れているため、数回コンサートも開かれるそうです笑

この壇上みたいなところで歌うんでしょうか。

この鍾乳洞は約1億5000年前からあります。

中を一周した後は次のスポットへ

神秘的なメリッサーニ洞窟をボートに乗って楽しもう

次はケファロニア島の代名詞といってもいいのではなかろう洞窟へと行きます

先ほどの鍾乳洞もそうですが、ケファロニア島の有名スポットは地下にあることが多いのでしょうか、また階段を下って下の方まで歩いていきます。

そしてボートに乗ります。上から差し込む日差しがより水の綺麗さを際立たせてくれますね。

下の方まで見える透明度です。

昼食後、ミルトスビーチへ!

ドロガラティ鍾乳洞、メリッサーに洞窟の後はバスで移動してから昼食です

こんな感じのメニューがありました。

僕が頼んだのはパンとミートパイ笑

正直高いと思いますが、観光地価格ということで笑

その後はミルトスビーチというビーチへ行きます。

コバルトブルーが綺麗です。

この前の記事ではザキントス島に着いて紹介しましたが、また違った綺麗さがありますね。

夏だとここのビーチで泳ぐのも楽しそうでした。

港町へ立ち寄り小休憩した後、帰宅

ミルトスビーチの後はアルゴスというケファロニア島の中では栄えているであろう港町へ行きます。

静かな雰囲気でとてものどかでした。

ここにはカフェなどもあったため、各自休憩をとります。

そして大自然と別れを告げ、帰宅です。

バスでの長時間移動だったので帰りの船の中では爆睡でした笑

まとめ

今回はギリシャの首都アテネから西側にある離島、ケファロニア島に着いて紹介しました。

サントリーニ島やミコノス島のような賑わった観光地へ行くのも楽しいですが、たまにはケファロニア島のような大自然を満喫できる場所に行くのも良いですね。

サントリーニ島についての記事はこちら

関連記事
サントリーニ島イアのおすすめ絶景スポットと行き方を紹介!【ギリシャ】

続きを見る

最後まで読んでいただいた方ありがとうございます。

よかったらこちらもクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




-海外旅行, ギリシャ

Copyright© 留年大学生Nishi's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.