ギリシャ 海外旅行

【ギリシャ】ザキントス島をお手頃価格で満喫できるツアー

2020年2月18日

Pocket

こんにちは、Nishiです。

今回は僕がギリシャに行った目的でもあるザキントス島での体験談を話していこうと思います。

ザキントス島はこの景色を何年か前にネットで見てからずっと行きたかった場所で個人的には特に思入れ深い場所です。

しかし、当日は波が強く、事前に申し込んだツアー会社の方と集合した時に「すまないNishi、今日は波が高いからツアーは中止だ」と言われ絶望しました。

波が高いと難破船が漂着しているビーチには行けなくなってしまいます。崖の上からの景色を見るぶんには関係ないと思ったのですが、ツアー自体が中止になってしまいました…

どうしても諦めきれなかったので、現地のツアーショップに飛び入りで参加させてくれないかと頼んだ所、当日の朝9時前というバス出発のギリギリの時間なのにもかかわらず、快く受け入れてくれるショップを見つけることができました。

しかも通常65ユーロ(約7700円)のところを55ユーロ(約6500円)にしてくれました。

今でも感謝しかありません。

Dali Toursというホテルに併設されているツアーショップです。

そのため、半分以上はホテルの宿泊者でした。

当日申し込んだツアーが安い値段でザキントス島のいろいろな所を少人数で周ってくれる1日かけて島を満喫できるオススメできる内容だったので紹介していきます。

ザキントス島ってどんな所?

ザキントス島とはイオニア海にあるギリシャの島で、ギリシャの西側にあります。

今回のメインテーマで紹介する石灰岩の断崖に囲まれたナヴァイオビーチ、別名シップレックビーチは日本のジブリ映画『紅の豚』の舞台になったとも言われています。

日本人にはまだあまり知られていませんが、アメリカ人やヨーロッパの人々が多く訪れます。

前回の記事で紹介したサントリーニ島では日本人観光客の人たちに結構会いましたが、ザキントス島には1泊長く滞在しても1人も日本人に会いませんでした。

【ギリシャ】サントリーニ島の絶景写真を撮るには【イア】

人口は約4万人程度で、島内にはバスや電車などの公共交通機関がありません。

そのため、移動はツアー会社のバスやレンタカー、レンタルバギー、またはタクシーがメインになると思います。

車を借りる場合は国際免許証を持っていきましょう。

ザキントス島にはどうやって行くのか〜時間や料金〜

では、ザキントス島にはどうやって行くのでしょうか。

ギリシャの首都アテネから行く方法は2つあります。

1つはアテネ国際空港から飛行機で行く方法。もう1つは時間はかかってしまいますが船で行く方法があります。

僕はトリップドットコムというサイトを経由してギリシャの航空会社であるスカイエクスプレス航空を利用しました。

料金は受託手荷物(23キロ以下)の料金が入った値段で2万円ちょっとでした。

この時は不運にも事前に申し込んでおいたアテネ→ザキントス島へのオリンピック航空の便にドーハからアテネの飛行機が5時間遅延して間に合わなかったため、遅い時間帯の航空券を別途料金を支払い購入しました…

ザキントス島の中心地、ザキントスタウンに空港から行くには

ツアーショップや飲食店、宿泊ホテルが建ち並んでいるザキントスタウンは、多くの観光客が島を観光する際に拠点とする場所です。

ザキントスタウンに空港から行く方法は大きく4つあるかと思います。

・タクシー
・レンタカー
・ホテルの送迎
・徒歩

バス停もあるのですが、時刻表も無く、いつ来るのか分からないため以上の4つが良いと思います。

タクシーの料金はだいたい13ユーロ(約1500円)です。また、徒歩と書きましたが、1時間くらいはかかるので、お金をどうしてもかけられない人向けの最後の手段です。笑

道のりは複雑ではなく分かりやすいですが、やはりタクシーや送迎、レンタカーがおすすめですね。

ザキントス島の有名なスポット『Shipreck Beach(ナヴァイオビーチ)』に行く方法

次にナヴァイオビーチに行く方法を説明します。

まず、ナヴァイオビーチを崖の上から眺めるのか、ビーチに降り立ちたいのかで行き方が違ってきます。

ツアーによっても、ビーチで降ろしてもらって泳ぎを楽しめるが、崖の上までは連れて行ってくれないプランやその逆などもあるみたいなので、この後それぞれの場所に行く方法を紹介しますが、結論から言うとオススメはビーチにも行けて崖の上からの景色も眺められるツアーです。

それを踏まえた上でビーチ、崖の上それぞれの行き方を紹介します。

最初にビーチに行く方法ですが、ここは船でしか行くことができません。

船はAgios Nikolaos port(アイオス・ニコラオス港)とザキントス港から出ています。

こちらがアイオス・ニコラオス港。

こちらがザキントス港。

それぞれの港からビーチに行くことができますが、どちらも往復のチケットのみというよりはツアーになっているため、途中で青の洞窟に寄ったり、島の北側を周遊して帰ってくる等、若干内容が違ってくるので要確認です。

アイオスニコラオス港に行ってから個人で申し込む場合は車で行く必要がありますね。

ビーチの場所はこちら。


次にナヴァイオビーチを崖の上から眺められる場所まで行く方法です。

よく見るこの角度からの景色は陸から車でアクセスすることができます。

そのため、レンタカーやタクシー、ツアー会社のミニバスなどで行くことができます。

タクシーだとツアーに比べて訪れられる場所の数を考えると割高になってしまうので、個人で行く場合はレンタカーが良いでしょう。

ザキントスフルデイツアーの流れ

今回の記事のメインですが、ザキントス島を満喫するには、1日かけて島を周れるフルデイツアーをおすすめします。

僕が申し込んだのはDali Tourというツアー会社ですが調べれば似たようなツアーが何個も出てきます。

そのほとんどがミニバスでザキントス内の観光スポットを何箇所か周った後にアイオス・ニコラオス港から船でナヴァイオビーチ行き、ビーチを楽しんだ後に港に戻り、そこからまたミニバスでナヴァイオビーチを見渡せる崖の上に行き、オリーブ工場などの場所を訪れ、ホテル近くで解散という流れです。

今回は僕が申し込んだDali Tourのツアー工程を紹介するので、参考にしていただけたら幸いです。

参加人数はガイド2人、観光客10人程度で、2台のバンに分かれました。

Bohali hill〜丘の上からの眺め〜

ショップから出発するのはこの日は朝の9時です。申し込みをしたのがその10分前と、かなりギリギリでしたが飛び入り参加できました。

9時に出発するとまず初めにザキントスタウンを見渡せる丘の上に行きます。

丘の上からの写真がこちらです。僕が泊まったホテルも見えます。

近くにはこのような正教会も

中はこんな感じ

地図での場所はここです。

Xigia Beach(クシギアビーチ)で小休憩

その後にワイン工場に行き、

ワインテイストをした後にクシギアビーチという場所に行きました。

ザキントス島にはナヴァイオビーチ以外にも綺麗な場所はたくさんあります。

場所はここです。もしレンタカーで行く方は参考にしてください。

ここで20分間の自由時間があったので、3.5ユーロ(約400円)でサンドイッチを買いました。

その後にまた近くのビーチに行き、5分間くらい写真を撮って良いよと言われました。

その写真がこちら

Agios Nikolaos Port(アイオス・ニコラオス港)に到着、青の洞窟へ

その後ナヴァイオビーチにアクセスできるアイオス・ニコラオス港に到着です。

港なのにこんなに綺麗です。。。

しかし、この日は事前に伝えられていましたが、波が高く、ビーチまでアクセスすることができなかったため、ここから青の洞窟へ行きます。

船で10分くらい行ったところにありました、

本当に青い…!!

日本にも青の洞窟を謳う場所は何個もありますが、ここまで青いのは初めて見たので感動しました。

ビーチに行かなくても十分と思えるほどでした。

港からシップレックビーチを見渡せる絶景ポイントへ

その後は港へ戻り、何年も前から待ち望んでいたあの場所へ。

この時の時間はだいたい午後1時ですね。

崖の近くに到着したらガイドの方から、崖の上は危ないから離れないようにと言われました。

実際に崖から落ちて亡くなっている方もいるそうです。

そしてついにこの景色と出会うことができました。

ここの景色の良さは写真じゃ伝わらないので、ぜひ実際に行ってみてください!

ここの海の色はよく絵の具をこぼしたみたいと例えられますが、まさにそんな感じでした笑

「ビーチに行きたかったらここから飛び降りれば行けるよ」と冗談交じりに言われました。

昼食を終え、オリーブファクトリーを見学した後解散

崖の上での自由時間はだいたい40分くらいはありました。

その後は昼食に行きました。

今回行ったお店はこちらです。昼食代はツアー代金には含まれていません。

特にこの時はギリシャ料理は食べませんでした笑

昼食の後はオリーブ工場に行きました。

お土産として買って帰れます。

その後、何人かをホテル前まで送り届けた後にツアーショップ前で解散しました。

まとめ

ザキントス島の魅力、少しでも伝わりましたでしょうか。

朝9時から夕方18時くらいまで、1日中ザキントス島を楽しめて6500円前後、めちゃくちゃ安くないですか。

今回のザキントス旅行では残念ながら難破船のあるナヴァイオビーチには行くことができなかったため、次回行くときにはリベンジしたいです。

ビーチには行けませんでしたが、崖の上から写真を撮った時にビーチに人が1人もいなかったので、それはそれで良かったのかもしれません。

また、ザキントス島にはツアーには含まれていない景色が綺麗なスポットがまだまだたくさんあるのでレンタカーを借りて島内を周ってみたいです。

ザキントス島から日帰りで行ける離島についての記事もあるので、良かったら読んでみてください!

【ギリシャ】大自然を満喫できる、ケファロニア島バスツアー

では、最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

よかったらこちらのボタンもクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





-ギリシャ, 海外旅行
-, , , ,

Copyright© 留年大学生Nishi's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.